特徴

ITO透明導電膜をガラス上に成膜し、通電する事で発熱させることができます。
監視カメラのハウジング等の窓が曇る事を防止します。
酸化錫の膜に比べ抵抗値を低くする事ができるので、小さい窓でも透明度を損なわずに低電圧で駆動することが可能になります。
基板の反対面への反射防止コート、撥水コートも可能です。
電極、リード線付け端仕上げ、絶縁処理まで、ご要望に合わせてカスタマイズ致します。

用途
  • カメラ
写真

仕様
標準基板サイズ φ50~70mm、□50~70mm
対応電圧 12V、24V、100V
消費電力 2~3W/h
温度上昇 約±30℃ (常温、無風)
※個別対応致します。
環境試験
試験項目 条件 時間 結果
常温通電試験 1,000hr
恒温恒湿試験 60℃、90% 1,000hr
低温試験 -20℃ 1,000hr
塩水噴霧試験 NaCl 5%溶液 500hr
屋外暴露試験 3,000hr
耐候試験 360hr
○=通電異常なし
製作例
硝材 フロートガラス(□69.5×t3.2mm)
電源電圧 12V
消費電力 0.2W
端子間抵抗 60±12Ω
シート抵抗 37Ω/cm2
最大透過率(AR付) T≧80% @880nm
最大温度到達時間 5分(室内、無風)
 
構成イメージ図
分光透過率 実測値

(ご注意)100V駆動などの場合で端子間抵抗を高く取る場合、導電膜をパターン分割します。この薄いスリットが膜面に入りますが、アウトフォーカスとして画像上は目立たせない様にお使い頂く事をお勧め致します。

説明ビデオ

ヒーターガラス(デフロスタガラス)は、寒冷地や冬期における、監視カメラ窓の曇り防止に効果抜群、常にクリアな映像を撮影出来ます。

製品カタログ

「ヒーターガラス(デフロスタガラス)」のカタログはこちら