貴社製品に「色」という新しい可能性を

これまで「黒」しか選べなかったIrDA通信、赤外線リモコン用の赤外線窓(Ir Window)が東海光学独自の誘電体成膜技術により、さまざまなカラーが選択できるようになりました。
製品に付加価値をもたらす、新しい可能性が広がります。

ご利用シーンのご紹介
携帯電話機の赤外線窓をはじめとするさまざまな家電製品へのご利用が可能です。

携帯電話端末のデザインには常に付加価値を求められます。製品デザインで最も注視される色も例外ではありません。製品全体のビジュアルを考える際、赤外線窓の色のみ妥協するわけにはいきません。
絶縁体なのでタッチディスプレイ用装飾としてもご利用可能で、蒸着独自のカラー表現だけではなく、赤外線透過性も高いのでセンサー窓の装飾としてもご利用可能です。さまざまな赤外線センサー窓のデザインを高めることができます。(成形品への加工も可能です)

技術特性
赤外線の透過率は変わりません

可視光線吸収特性と赤外線透過性に、誘電体多層膜での反射特性を合成。
透過率を損なわずに、任意の反射色(干渉色)を持たせることができます。


誘電体多層膜による可視光反射特性


可視光の吸収特性と赤外の透過特性

タイプ別紹介
表面ミラーコートタイプ

赤外透過暗色プラスチック表面に、カラーコートと傷や汚れに強い高性能保護コートを施します。


赤外透過暗色樹脂にコートする場合

裏面ミラーコートタイプ(他のバリエーションはご相談ください)

赤外透過暗色インクとカラーコートを施します。文字などのパターン印刷にも適しています。
※表面ミラーコート・裏面ミラーコート共にパターン印刷、スモーク印刷、アンダーコート等の加工も可能です。


赤外透過黒色印刷を利用した場合

ホワイトIRウィンドウ

【特許第4122010号】

赤外線センサー・カバーの意匠でお困りの方に朗報です。

これまで「黒」しか選べなかった赤外線センサーカバー(IR Window)が東海光学独自の誘電体成膜技術により、さまざまなカラーが選択できるようになりました。また、ご要望の多かったホワイトカラーが完成したことによって、スマートフォンなどの製品デザインに新たな可能性をもたらします。

携帯電話などの赤外線通信窓へ

柔軟性が高いため抜き加工も容易に可能です。

東海光学のホワイトフィルムは、透過率が高いため、赤外線通信窓として使用でき、さらに拡散性が低いため、近接センサー用途にも適性を持っています。


印刷や塗装のような塗料を使用しないため、特性が安定します。

製品カタログ

「カラー&ホワイトIRウィンドウ」のカタログはこちら

「カラーIRウィンドウ」のカタログはこちら

「ホワイトIRウィンドウ」のカタログはこちら