特徴

高出力レーザー用の高耐力コーティングです。
大型装置での加工が可能であるため、量産時にはコストメリットがあります。
低温成膜によるファイバー端面へのコーティングもできます。
ご希望の波長に応じて、設計、ご提案いたします。

概要

レーザーの高出力化に伴い、より高いレーザー誘導損傷耐性をもつ光学素子が求められています。
我々は、基板の研磨状態や、成膜材料、成膜条件などを検討し、高出力レーザー光学系への使用も可能な高いレーザー耐性を持ったミラー、ARコーティングを開発いたしました。
ミラーの膜設計においては、多層膜内に形成される定在波電界強度を考慮し、レーザーに対する耐性を高めています。

用途
  • 高耐久性を必要とするレーザー光学系など
  • レーザー加工機
分光特性例

分光特性例(高出力レーザー用コーティング)
損傷閾値例

355nm コーティング

532nm コーティング

1064nm コーティング

※損傷閾値:評価機関 レーザー技術総合研究所(試験結果であり、保証値ではありません)

写真
製品カタログ

「高出力レーザー用コーティング」のカタログはこちら