カメラ・光学機器

機種の幅が広がり、さらなる高性能化が求められる時代に。

お問い合わせ窓口

光機能事業部
0564-45-8000

営業時間:平日9:00-18:00

長年の経験と高い技術力でカメラの技術革新に応えます。

一言でカメラといっても、写真や動画撮影に使われるものから、セキュリティーカメラとして搭載されるものまで、用途も種類も幅広く、求められる光学性能も異なります。
共通して言えるのは、いずれも高精度・高性能化が進んでいること。それに伴い、コーティング性能や環境性能も多岐に渡り、当社では、これまでの経験を生かしたコーティング設計・技術に加えて、新しい設計にも挑戦し、多様なニーズにお応えしています。

監視カメラ

より鮮明な画像で「安心安全」に貢献。

安心な社会づくりのために、今や街の至るところにセキュリティカメラが設置されています。また鉄道や高速道路での安全確認や、河川など人が行きづらい場所・危険が伴う場所での監視にもセキュリティカメラが活用されています。 屋外に設置されたセキュリティカメラは、自然環境から守るためは保護ケースに収められています(ハウジング)。ハウジングのガラス窓の曇りや結露を防止するために採用されているのがヒータガラスです。ITO透明導電膜をガラス上にコーティングして、ガラスに通電させることで発熱。ガラス表面温度を上昇させて結露を防止することで、曇りが生じる環境下でも鮮明な画像撮影を可能にしています。

デジタルカメラ

差別化・コンパクト化など、さまざまなニーズに対応。

SNSでの情報発信が多様化され、写真や映像に、より鮮明でより多彩な表現が求められています。また屋外での撮影の機会も増え、カメラの小型化・軽量化も進んでいます。
カメラには本体・交換レンズ・フィルタなどさまざまな箇所で薄膜技術が用いられています。例えば、本体では、目で見た景色をそのまま映し出すために、目では見えない赤外線を遮断するIRカットフィルタ反射防止コートなどが用いられています。
近年では、アクションカメラの需要も高まっています。従来のカメラに用いられた高性能薄膜のほか、海中での撮影を可能にする耐塩水性能を持ったコーティングも提供し、撮影の幅を大きく広げています。アクションカメラは軽量化も重要なポイント。よってプラスチックレンズを採用する場合が多く、難易度が高い当社のプラスチックへのコーティング技術が生かされています。

レンズユニット

薄膜技術で美しい撮影を、手軽に使いやすく。

美しい写真や映像の撮影に欠かせないのが交換レンズやフィルタなどのレンズユニットです。ゴーストやフレアといった光の反射や散乱によって起きる現象を防ぐ反射防止コートNDフィルタなどがその代表格です。
最近では、人と違った写真が撮りたいというニーズの高まりに応じて、色彩調整や加工効果があるフィルタの需要も高まっています。光の反射をコントロールして鮮明な色を表現したり、逆に光を強調させて印象的な写真を撮ったり、フィルタの種類によって、画像表現の幅が広がります。
さらに対スクラッチ撥水・防汚などの光学性能を付加して環境性能やメンテナンス性を高め、持ち運びの良さや使いやすさにも応えています。

車載カメラ

見えない場所への安全確保に貢献。

セキュリティカメラで活用されるヒーターガラスの技術を、特殊車両などのバックカメラにも転用しています。建設現場や降雪地域で活躍する特殊車両は、車体が大きく複雑な構造をしているため死角が多いのが難点。人の目が行き届かない部分にカメラを設置することで安全を確保しながら、的確な作業を進めることができます。
車載カメラは小型化・軽量化が求められますが、当社のヒーターガラスは、酸化錫の膜に比べ抵抗値を低くすることができるので、小さい窓でも透明度を損なわずに低電圧で駆動することが可能です。さらに、基板の反対面への反射防止コートや撥水コートを施工することで、鮮明かつ屋外の使用に耐えうる部品を提供しています。
電極やリード線付け端仕上げ、絶縁処理まで、要望に合わせてカスタマイズできることも利点です。

双眼鏡・望遠鏡

高度な光の切り分け技術を、天文学の分野でも活用。

星景写真を撮影する場合、ネオンなど街の光が、星の光を遮ることがあります。上空に舞う塵に街の光が散乱して白っぽく映る現象などは、この一例です。
こうした現象を低減させるため、特定の光を透過し、それ以外の光をカットする特殊フィルタが用いられています。こうすることで、星の光だけを集めた美しい撮影が可能になります。
特殊フィルタは用途に応じてさまざま光学性能を付与することができ、天文学の分野では、「太陽が放出する水素の光だけを撮影したい」「光量の低い星の光も撮影したい」などの高度な要望にもお応えしています。こうしたケースの場合、空間的もしくは波長レベルでの光の切り分けに高度な技術が要し、当社の長年の経験が生かされています。

お問い合わせ窓口

光機能事業部
0564-45-8000

営業時間:平日9:00-18:00

TOP