反射防止コーティング
特徴
  • 単一波長、複数波長、広い波長範囲など目的に応じた低反射加工の最適設計を実施します。
  • 各種ガラスのほか、耐熱性の低い樹脂素材への反射防止コーティングが可能です。
  • レンズ形状やファイバー端面など各種形状への対応実績が豊富にあります。
  • 光学特性を損なわずに撥水、防汚、帯電防止性、耐擦傷性を付与することも可能です。
概要

反射防止(AR)コーティングを実施することにより、ガラスやプラスチックなどの基材表面の反射を減少させ、高い光透過率を得ることができます。
例えばガラスの場合、通常基材両面で8%の光の反射が発生し、その分、透過率が減少する特性が知られていますが、反射防止コーティングにより、この反射率を大幅に低減し、透過率を向上させる低反射加工が可能です。
低反射加工は、カメラや眼鏡などのレンズ、テレビ、パソコンのディスプレイなどの身近なものから、光通信用の光ファイバの端面や光学素子表面など、普段目につかないところなどにも幅広く利用されています。
当社が培ってきた長年の実績と経験に基づいて、ご希望の波長や反射率、必要な追加機能などに応じて最適な設計を実施、ご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

用途
  • レーザー
  • 光ピックアップ
  • 光通信
  • デジタルカメラ
  • プロジェクター
  • 照明機器
  • 医療機器
  • センサー
  • ディスプレイ
分光特性例

分光特性例(可視領域AR)

分光特性例(紫外領域AR)

分光特性例(近赤外領域AR)

分光特性例(3波長AR 405nm 650nm 780nm)